我孫子市 不眠症の症状と原因

【不眠症の症状と原因】

 

日本人は、世界の人と比べると不眠症の傾向があります。

日本人の20%ほどが、睡眠によって十分な休息ができていないそうです。

日本人は、不眠症に悩んでいる人が少なくありません。

 

不眠症とは、1週間に3回以上、3カ月以上続いている日中の生活に支障をきたしている。睡眠障害です。

不眠症は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

 

・入眠障害

布団に入ってもなかなか寝付くことができず、30分以上寝るまで時間がかかる人です。

眠るのが下手な人であり、今日は早く眠れるかななどの不安を抱えながら眠りに付こうとする傾向があります。

 

・中途覚醒

夜中に2回以上目が覚めてしまう人で、1度起きるとなかなか眠ることができない状態です。

 

・早朝覚醒

起きる予定の時間よりも、2時間以上早く目が覚めてしまいその後眠ることができなくなってしまう状態です。

この症状は、年齢を増した人によくある症状です。

 

不眠症となってしまう人には、原因があります。

それには、以下の原因が挙げられます。

 

・ストレス

不眠症の1番の原因が、ストレスです。

人間関係によるストレスにより、入眠時に緊張感が走ってしまい寝つきを妨げてしまいます。

真面目な性格や神経質の人が、なりやすいと言われています。

 

・病気

 

風邪によって眠りにくかったり、首などの関節のゆがみなども、眠りを浅くしてしまいます。

 

・心の病気

うつ病などの精神疾患の人は、心が不安定なことにより不眠に陥ってしまうことがあります。

 

・アルコールやカフェイン

アルコールやカフェインの影響で、眠りを妨げてしまうこともあります。

 

・不規則な生活

朝早く起きて夜早く眠るリズムが崩れていると、体内時計が壊れてしまって適切な時間に眠りに付くことができなくなってしまいます。

 

・寝るときの環境が良くない

寝るときの部屋の温度が暑かったり寒かったり、うるさい音が鳴っていたりなど、眠りに付けない環境の場合は眠りにくくなってしまいます。

 

 

【簡単にできる不眠症改善方法】

 

辛い不眠症は、ちょっとしたコツで改善させることができますよ。

このようなポイントで、不眠症を改善へとみちびいてみましょう。

 

・眠たくなったら布団に入る

眠れない人の大半は、時間になったから布団に入ったけれど眠ることができない、という症状です。

いっそのこと、眠くなるまで布団に入らないようにしてみると、布団に入った途端コロっと眠ることができますよ。

 

・お風呂に入ってすぐ眠る

お風呂に入って体を温めてから布団に入ると、温かさの心地よさですぐに眠ることができます。

 

・筋肉をほぐして眠りやすくする

筋肉が緊張していることで、眠りにくいという症状もあります。

筋肉の緊張をほぐすために、眠る前の15分程度体を動かすとよいですよ。

腹筋や肩回しなど簡単なエクササイズをして横になると、筋肉の解れと疲れもあって眠りにつきやすくなりますよ。

 

・昼寝はしない

夜眠りにくい人の中には、昼必ず昼寝をするという人がいます。

昼寝をしてしまうと、その分夜に眠りにつきにくくなってしまうことがあります。

昼寝は止めて、その分夜にしっかり睡眠を取るようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

不眠症の人は、これらの改善で眠りにつきやすい状態にしてみませんか。

それでもダメな場合は、お医者さんに相談をしてみると良いですよ。

 

我孫子市 不眠症の症状と原因なら、「あびこ南整骨院」にお任せください。